中欧鉄道、欧州側で混雑


輸送量の急増する中国―欧州のクロスボーダー鉄道で、欧州側の国境での混雑が深刻化している。昨年には倍増、今年の1月から3月だけで1000便を超えるなど同鉄道の運行便数が急増している。しかし、 中国側が主に3カ所である一方、欧州側は基本的にブレスト(ベラルーシ)、マワシェビチェ(ポーランド)の1カ所しかない。中国の鉄道フォワーダー関係者によると、列車が増えすぎて受け入れ能力を超え始めた。ピーク時に深刻な渋滞が発生しているという。欧州側国境付近で貨物を降ろしてEU域内輸送に接続したり、リトアニア経由などの代替ルートを模索したりする動きも出ている。


閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、