top of page

日本貨物航空(NCA/KZ)運航停止の影響


日本貨物航空(NCA/KZ)は16日、同社が運航する航空機の整備記録に事実と異なる記載があることが発覚したため全便の運航を一時停止すると発表した。停止期間は1週間程度を見込んでいるが、長引く可能性もある。

日本貨物航空(NCA/KZ)は日本郵船の傘下で、旅客便は保有しておらず、大型貨物専用機のみを運行するキャリアである。旅客便で搭載できる貨物は高さが最大で155センチ程度までとなっているため、貨物専用機は旅客便では搭載できない半導体製造装置や精密機器、完成車などを主に輸送している。

大手フォワーダーによると、日本貨物航空(NCA/KZ)からの正式発表は16日深夜2時ごろで、まさに寝耳に水だったとのこと。前日の15日金曜日には予約を受け付けており、特に異常は感じられなかった。ところが一夜明けて16日土曜日の朝には、運航停止を受けて、日本貨物航空(NCA/KZ)から各フォワーダーに予約貨物の遅延、受託停止の連絡が入ったという。16日の成田空港貨物地区では、日本貨物航空(NCA/KZ)に搬入されるべき貨物が行く先を失い、トラックの渋滞が発生していた。

通常、航空会社の貨物予約は平日9時から17時までとなっている。そのため、16日に急遽行く先を失った貨物の一部はフォワーダーの上屋に戻されたとのこと。週末に再予約ができなかった貨物は18日月曜日から再予約となる。

B74Fという大型貨物専用機を運航しているのは日本では日本貨物航空(NCA/KZ)だけである。一部フォワーダーによると、今回の運行停止で影響を受けた貨物は直近で300トンほどあるという。代替輸送として、韓国、台湾、香港経由のフライトなどが検討されており、週明けから混雑が予想される。


閲覧数:297回

最新記事

すべて表示

エティハド・カーゴとキューネ・アンド・ナーゲル、予約システム統合で効率性向上

エティハド・カーゴは、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)と予約システムを統合し、リアルタイムの容量と価格の可視化を提供する。このパートナーシップは、先進的なウェブサービスとInstant Offer Rate (IOR) ツールを活用し、予約の効率性と透明性を向上させる。エティハド・カーゴは最近、cargo.one、WebCargo、CargoWise、CargoAIとの協力を含む技術投資を行い

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

bottom of page