日本貨物航空(NCA/KZ)運航停止の影響


日本貨物航空(NCA/KZ)は16日、同社が運航する航空機の整備記録に事実と異なる記載があることが発覚したため全便の運航を一時停止すると発表した。停止期間は1週間程度を見込んでいるが、長引く可能性もある。

日本貨物航空(NCA/KZ)は日本郵船の傘下で、旅客便は保有しておらず、大型貨物専用機のみを運行するキャリアである。旅客便で搭載できる貨物は高さが最大で155センチ程度までとなっているため、貨物専用機は旅客便では搭載できない半導体製造装置や精密機器、完成車などを主に輸送している。

大手フォワーダーによると、日本貨物航空(NCA/KZ)からの正式発表は16日深夜2時ごろで、まさに寝耳に水だったとのこと。前日の15日金曜日には予約を受け付けており、特に異常は感じられなかった。ところが一夜明けて16日土曜日の朝には、運航停止を受けて、日本貨物航空(NCA/KZ)から各フォワーダーに予約貨物の遅延、受託停止の連絡が入ったという。16日の成田空港貨物地区では、日本貨物航空(NCA/KZ)に搬入されるべき貨物が行く先を失い、トラックの渋滞が発生していた。

通常、航空会社の貨物予約は平日9時から17時までとなっている。そのため、16日に急遽行く先を失った貨物の一部はフォワーダーの上屋に戻されたとのこと。週末に再予約ができなかった貨物は18日月曜日から再予約となる。

B74Fという大型貨物専用機を運航しているのは日本では日本貨物航空(NCA/KZ)だけである。一部フォワーダーによると、今回の運行停止で影響を受けた貨物は直近で300トンほどあるという。代替輸送として、韓国、台湾、香港経由のフライトなどが検討されており、週明けから混雑が予想される。


閲覧数:297回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタンのヌルスルタンかアルマトイを経由して運航する。同社が持つリエージュ国際空港から欧州各国への豊富なネットワークを活用し、日本・欧