top of page

現代商船、日本発極東ロシア向け乗り換え時間が短縮へ


5月30日、現代商船ジャパンは6月からのサービス改編を発表した。極東ロシアと釜山、中国を結ぶ「CRE」サービスに変更を加え、名称を新たに「CRN」とする。 新サービス「CRN」では極東ロシア(ウラジオストク、ボストチヌイ)向けの便が釜山に土曜着、日曜発となる。結果、自社運航の日韓フィーダー航路「JF1」との接続が改善し、 日本発・極東ロシア向けのトランジット・タイム(T・T)は最大4日短縮されることになる。 またスペースタイトが続いていた「JF1」も大型化。現在698TEU型船「Opdr Lisboa」を使用しているが、6月21日釜山発より1118TEU型船「Mauren」を新たに投入する。


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

ルフトハンザ カーゴ(DLH/LH)は航空貨物分野の未来を担うと考えられる持続可能性、デジタル化、電子商取引の3つの焦点に関してプロジェクトを発表した。同社の最高経営責任者(CEO)であるアシュウィン・バット氏は、これらの課題への取り組みが同社の業界における地位を保つ上で不可欠な動きであると強調している。同社はフランクフルトのハブ空港において、eコマースの機能を強化する取り組みを展開している。これ

サウディア・カーゴ(KSA/SV)は、成田国際空港発インターラインパートナーの拡張により、日本とサウジアラビア間の貨物輸送サービスを拡大・効率化すると発表した。インターライン契約により、日本での需要増加に対応し、効率的なソリューション提供が可能になる。具体的には、大韓航空との協力で輸送時間が短縮され、高品質な製品をサウジアラビアや他国へ輸送する。2023年の輸入品は571トンで、輸出品は25トンで

日本貨物鉄道(JR貨物)は、タイの物流事業者グローバル・マルチモーダル・ロジスティクス(GML)と液化天然ガス(LNG)をはじめとする「危険品の複合一貫輸送事業の検討に関する協力覚書」を締結した。GMLは、エネルギー供給やインフラ事業を多国籍に展開するタイ最大の株式会社であるPTTが、物流事業を主要な新規事業と位置付けて2022年に設立した100パーセント子会社。JR貨物とPTTは、2019年から

bottom of page