北米向け海上運賃が下落傾向


上海航運交易所が発表している上海発海上コンテナ運賃、SCFI "Shanghai Containerized Freight Index"によると、9月29日付の海上運賃が下落傾向にある。欧州向けはUSD714/TEU、北米東海岸向けがUSD1991/FEUで、2017年1月からの実績で最安値となる。北米西海岸向けUSD1414/FEUで、3か月ぶりの安値となる。

10月1日からの国慶節の影響とみられる。例年、クリマスマ商戦に向けて上昇傾向にあるため、国慶節明けから運賃の上昇が予想される。


閲覧数:44回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、