top of page

継越航空貨物からみる北米向け航空運賃の高騰


日本発北米向けの航空貨物で継越貨物の影響力が増している。「継越貨物」は日本以外の発地から輸出された貨物で、日本を経由する貨物のことである。日本発は欧米向けの旅客便も多いことから、主に中国を中心としたアジア発の継越貨物が増加している。

グラフは国土交通省の日本出入航空貨物路線別取扱実績を元に弊社で作成したものである。もともと北米向けは日本からの純粋な輸出貨物である「直送貨物」の割合が低く、40%前後を推移していた。しかし直近では中国発の航空貨物が好調であることを背景に、35%程度まで低下しており、日本初航空運賃の上昇を招いている。

また、過去3年間のデータをみると、直送貨物の割合に一定の傾向が見られる。継越貨物の増減にはiPhoneの発売やクリスマス商戦、中国の祝日などが大きく影響している。一方、直送貨物は日本のお盆、正月にあわせて減少傾向にある。

直近のe-Bidによる日本発北米向け航空貨物のスポット料金は、年初に比べて150%~200%にまで上昇している。10月は中国の国慶節があるため、貨物輸送量はやや低調になるはずだが、昨年の傾向から見ると、クリスマス商戦まで継越貨物は堅調な推移が予想される。年が明け中国の旧正月を迎えるまで、日本初北米向けの航空運賃はさがってこないだろう。


閲覧数:345回

最新記事

すべて表示

日本航空(JAL/JL)は、ボーイング767-300ER型機の貨物専用機の3機導入を発表した。自社の貨物専用機を所有するのは13年ぶりとなり、本年度末から順次運航を開始する。物流企業との提携を強化し、貨物航空事業において安定した利益を得られると踏んでの決断だ。これまでJALは、航空貨物は旅客機の貨物スペースに加え、需要に応じて他社フレイターをチャーターするなどして対応しており、需要変動が大きい性質

2023年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で18,3897㌧(前年同月比-26.9%)、2位は近鉄エクスプレスで12,433㌧(-25.8%)、3位は郵船ロジスティクスで9,162㌧(-37.6%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,705㌧ (-31.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,693㌧(-41.1%)だった。

bottom of page