top of page

郵船ロジスティクス 韓国でストライキ発生


韓国毎日労働ニュースは2017年3月20日、韓国公共運輸労組の組合員70人が郵船ロジスティクスコリアに対するストライキに突入した、と報じた。発端は「1年近く労組弾圧をした郵船ロジスティクスコリアが3月7日に一方的に団体協約解約を通知し、ストライキを誘導した」(労組)ことにある。 使用者と労組の関係が崩れたのは昨年からである。使用者側は昨年8月から労組幹部5人に対する転職措置を断行した。この過程で監視と隔離、組合員資格を問う民事訴訟を提起し、労組活動を妨害した。 今のところ、ストライキに入った従業員に対して代替要員を投入することで、業務への影響は免れているようである。しかし、「使用者は争議行為期間中、その争議行為で中断された業務を請負または下請に出してはならない」という労組法43条に違反する行為であるとの批判を受けている。今後、ストライキによる貨物の滞留等が懸念される。

(写真はイメージです)


閲覧数:1,200回

最新記事

すべて表示

3月も世界の航空貨物市場の成長は持続的

2024年3月、世界の航空貨物需要は前年同月比11%増加し、これで3ヶ月連続の増加となった。この成長を牽引したのは、電子商取引と紅海航路の混乱という要因でした。最新の分析結果を発表したXenetaによると、2024年第1四半期の高い需要は、8%増加した貨物船舶のキャパシティ成長を上回ったという。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

航空貨物運賃の低下傾向続くも、紅海攻撃が影響

2024年2月欧米とアジアを結ぶ主要路線での航空貨物料金が、昨年比で引き続き低下している。バルティック取引所航空貨物指数(BAI)によると、香港から北米への料金はUSD4.66/kgと、昨年同月比で5.5%減少した。これは、1月のUSD5.22ドルからの低下。この減少は旧正月が昨年1月から今年は2月にずれたことによるもの。しかし、料金は2023年の水準を下回り続け、下落基調は18か月連続。ただ、減

Comments


bottom of page