top of page

近鉄エクスプレス、カナダ海産生鮮品専門の物流会社を子会社化

近鉄エクスプレスは、カナダ現地法人Kintetsu World Express (Canada), Inc.(KWEカナダ)を通じて海産生鮮品専門の物流会社Prestige Cargo Services Inc.(Prestige社)を買収した。 Prestige社 の売上高(2020年9月期)は4億9467万円。 Prestige社は、同国モントリオールとハリファクスを拠点とする海産生鮮品専門の物流会社で、カナダ東海岸に水揚げされるロブスターを主要取扱品目として欧州・アジア向けの航空運送事業を展開してきた。近鉄エクスプレスはKWEカナダを通じ、5月1日付で Prestige社の全株式を取得して連結子会社化し、KWEカナダが輸出フォワーディング事業で主力としている海産生鮮食品の取り扱い量を拡大するとともに、カナダ国内の生鮮品流通市場で顧客層を広げる。


閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

24年3月フォワーダーランキング

2024年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,733㌧(前年同月比-3.6%)、2位は郵船ロジスティクスで11,016㌧(+18.2%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,567㌧(-15.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,696㌧ (-0.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,064㌧(-17.0%)だった。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

댓글


bottom of page