top of page

航空貨物運賃の推移(2023年1月~3月)

株式会社Lean Energy(以下、LE社)は2023年1月~13月分を反映した航空貨物運賃の推移を発表した。当インデックスはLE社が展開する国際物流プラットフォームe-Bid Freightで実施されている入札データ、並びにその他外部ソースを活用して、LE社が独自に算出したものである。



TC3 to TC1

Middle range freight recorded 1.47, falling below the 1.5 milestone for the first time in two years since 2021 Q1. Spot rate also declined, with the lowest NRT-ORD rate...


TC3 to TC2

The lowest air freight to AMS was USD1.57/kg all-in by SQ/CX. The most competitive rate to DXB was...


Japan to TC3

All-in rates to major airports in the East Asia declined sharply and recorded the lowest in the past two years at USD0.30/kg to PVG, USD0.41/kg to...


TC3 to Japan

The lowest air freight to Narita fell below the USD1.00 milestone at USD0.98/kg all-in from Hong Kong by CX/KZ/NH. Rates from the Southeast Area also...


Download the full report for free


Index calculation method

  • This index was calculated originally by LE using the bidding data conducted by LE's international logistics platform e-Bid Freight and other external sources.

  • TC1,2,3 are based on the regional divisions defined by IATA, TC1 refers to the Americas (North America, Central America, South America), TC2 refers to Europe, the Middle East, African Continent, and TC3 refers to Asia.

  • The index is calculated based on the total amount of Airfreight plus Fuel Surcharge and Security Surcharge.

  • Upper range is high price range, Midrange is median range, lower range is low price range

  • 2020 2Q (April-June 2020) is the time to expand COVID19 and may be omitted due to lack of valid data.

  • Middle range of 2020 1Q is set 1 as an indicator for each index



閲覧数:980回

最新記事

すべて表示

ヤマトHD、東南アジアからヨーロッパへの国際複合一貫輸送サービスを開始

ヤマトホールディングスは、東南アジアからヨーロッパまでのトラックと鉄道による国際複合一貫輸送サービスを開始する。物量に応じてコンテナ貸し切りまたは混載で輸送し、喜望峰ルートより短期間での輸送が可能。低コストかつ低温室効果ガス(GHG)排出が特長で、エレクトロニクスや自動車部品の主要生産拠点である東南アジアからの需要に応える。これにより、海上輸送や航空輸送に次ぐ新たな輸送手段として、グローバルサプラ

香港からの航空貨物サービス料金、昨年を上回る需要増

香港からヨーロッパと北米への航空貨物サービス料金は昨年を上回り、需要が急増している。4月の香港から北米への平均料金は1kg当たりUSD5.54で、前年比6.5%増。ヨーロッパへの料金も1kg当たりUSD4.47と前年比12%増加し、2022年7月以来の初めての同時増加となった。需要の急増はファッションや消費財の電子商取引に起因するという。中国南部などでの電子商取引や電子タバコ産業の拡大により、航空

24年3月フォワーダーランキング

2024年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,733㌧(前年同月比-3.6%)、2位は郵船ロジスティクスで11,016㌧(+18.2%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,567㌧(-15.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,696㌧ (-0.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,064㌧(-17.0%)だった。

Comments


bottom of page