top of page

日本通運、医薬品向け高度モニタリングサービス提供開始

日本通運はGDP(医薬品の適正流通基準)に準拠したエンド・ツー・エンドでの輸送とともに、リアルタイムでの温度モニタリング/貨物位置情報を提供する医薬品向けの国際輸送サービス「NEX Pharma TempSure Advanced」をスタートさせた。高度な温度管理や取り扱い手順が求められる医薬品輸送のスタンダード確立に向け、輸送中の貨物の動態管理を可視化するサービスを提供していく。

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Transport Pierreは医療、医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を取得しており、グローバルで温度管理された出荷管理、輸送を専

bottom of page