top of page

バージョン3.5の利用実績が好調

株式会社Lean Energy(以後、LE社という)は、国際物流のプラットフォームであるe-Bid Freightのバージョン3.5を昨年11月にリリースした。リリースから1か月がたち、利用実績が好調に推移している。


新たな機能としてリリースしたマッチングは、船会社、フォワーダー、乙仲業者を中心に、約20社の輸送業者から問い合わせが入っている。現在、認定応札者の手続きを進めているため、完了次第適宜システムに更新される予定だ。LE社が開発した独自のマッチングエンジンで、その輸送に適した輸送業者が自動で推奨される。もともと取引のある輸送業者に加え、高い精度でマッチングされた輸送業者をあわせて検討することで、より早いリードタイム、大きいキャパシティ、競争力のある運賃での輸送が可能になる。LE社は認定応札者を随時募集している。


大幅に機能が追加されたスポット案件入札も、リリース以降プロジェクト数が増加している。現在はAIRを中心に月間約200件のプロジェクトがe-Bid Freight上で実行されており、航空重量は月間700トンにせまる。また、全15種類のコンテナタイプに対応したFCLも徐々に利用がひろがっている。昨今のコンテナ不足、スペース不足の状況から、スポット入札というよりはスペース確保の手段として利用する荷主が増えている。定期契約をしている船会社・フォワーダーがどうしてもスペースを確保できない際に、あふれた分のコンテナをスポット契約で輸送する手法だ。COVID19蔓延以降、世界的にひろがっている物流混乱は終息の目途がたたず、また、2022年は北米西岸港労使交渉も予定されている。サプライチェーンの安定のために、今後も定期とスポットの併用が見込まれる。

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

IHIグループのIHIジェットサービスが、AI(人工知能)を活用してコンテナ船の到着時間の予想などを可能にするサプライチェーン可視化・追跡情報提供事業を開始した。船舶自動識別装置(AIS)情報を使ったコンテナ船のリアルタイム情報とAIによる電子通関サービスを融合。通関手続きの簡素化や遅延を防ぐとともに、輸入関連に係る各種コストの削減を実現する世界初のサービスを提供するという。

日本郵船は「世界のコンテナ輸送と就航状況 2022年版」の発刊に合わせ、報道関係者向けオンライン説明会を開催し、2022年のコンテナ荷動きの実績が「前年並みか前年割れ」になる見通しを示した。その上で、アジア発欧州・米国向けが9月以降に荷動きが急減するなど、今年は2021年から継続した荷動きの増加に減速感が強まったと指摘。荷動き減少に伴う運賃の下落基調の背景には、世界的なインフレによる消費減退やロシ

2022年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で19,113㌧(前年同月比-14.7%)、2位は近鉄エクスプレスで12,907㌧(-12.1%)、3位は郵船ロジスティクスで10,089㌧(-20.8%)、4位は阪急阪神エクスプレスで4,971㌧(-17.8%)、5位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で4,971㌧ (-12.4%)だった。業界

bottom of page