コンテナ航路、欧州航路で減少続く

日本海事センターがまとめた主要コンテナ航路の荷動き動向(速報)によると、アジアと欧州を結ぶ航路で前年同期比のマイナスが続いている。長期化するウクライナ情勢の影響が出ている。欧州航路の6月実績は、欧州に向かう往航が132万9626TEU(前年同期比-9.7%)で5か月連続のマイナス、アジアに向かう復航が51万5506TEU(-21.9%)で12か月連続のマイナスだった。一方、北米航路は西海岸の港湾荷役の混乱が多少緩和していているためか、アジアから北米に向かう往航は7月で193万1165TEU(+6.4%)と7か月連続のプラスだった。北米からアジアに向かう復航は5月で651万9184TEU(-6.4%)と12か月連続のマイナス。日中航路は往航の6月実績が75万9447㌧(-8.0%)で4か月連続のマイナスだったが、復航の6月実績は203万4691㌧(+9.0%)で2か月連続のプラスだった。

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、