タイ国際航空、会社更生手続き申請へ Thai Airways is applying for company rehabilitation procedures.

タイ国際航空(THA/TG)は、タイ内閣によって破産法に基づく会社更生手続きが認められた。今後、申請手続きに入る見込みで、会社解散、清算、破産宣告はない。旅客輸送、貨物輸送ともに通常通り事業を継続することが可能。新型コロナ終息後には旅客便をフルオペレーションに戻すとしている。 同社はタイ政府資本を中心とするナショナル・フラッグキャリア。新型コロナウイルス感染拡大で、大手フラッグキャリアが事実上の経営破綻となるのは初となる。

Thai Airways (THA / TG) has been approved by the Thai Cabinet for corporate reorganization procedures under the Bankruptcy Law. The application process is expected to begin in the future. The company will no longer be dissolved, liquidated, or declared bankrupt. Business can be continued as usual for both passenger and freight transportation. After the end of the new Corona, passengers will return to full operation. The company is a national flag carrier centered on Thai government capital. It is the first time that a major flag carrier has become a virtual bankruptcy due to the spread of new coronavirus infection.

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタンのヌルスルタンかアルマトイを経由して運航する。同社が持つリエージュ国際空港から欧州各国への豊富なネットワークを活用し、日本・欧