top of page

中国フォワーダーランキング、日通・近鉄・郵船ロジがランクイン China forwarder ranking, Nittsu / Kintetsu / Yusen Logistics ranked


中国国際貨運代理協会(中国フォワーダー協会、CIFA)が2018年の中国フォワーダーランキングベスト100を発表した。総合上位にランクインした日系現地法人は日本通運15位、近鉄エクスプレス22位、郵船ロジスティクス23位。日通は2位、近鉄は5位のランクアップ。事業別では日通が航空、倉庫、陸運、近鉄が航空、郵船ロジが倉庫でトップ10に入った。最大手の中国外運股份(シノトランス・グループ)は1位、コスコ・グループは2位と、昨年の順位を維持した。

China International Freight Forwarding Agency (Chinese Forwarders Association, CIFA) announced the 2018 Best 100 Chinese Forwarders Ranking. The Japanese affiliates ranked in the top overall are Nippon Express 15th, Kintetsu Express 22nd, and Yusen Logistics 23rd. Nittsu ranked 2nd and Kintetsu ranked 5th. By business, Nippon Express was in the top 10 in aviation, warehouse, land transportation, Kintetsu in aviation, and Yusen Logistics in the warehouse. China's largest Sinotrans Group (Sinotrans Group) was ranked 1st, while the Cosco Group was 2nd.


閲覧数:183回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

日本通運、中東欧の企業買収で世界航空貨物フォワーダーTOP5入り

NXホールディングスは中東欧にある複数の貨物事業会社を買収し、航空貨物フォワーダーとしての地位を強化した。この買収は中欧・東欧が強力な物流拠点として台頭する中で実現した。7億4,000万ドルの買収により、取扱量は100万トンを超え、世界の航空貨物フォワーダーのトップ5入りを果たした。同社は 2023年の事業計画に基づき、日系事業を強化し、ハイテク、エレクトロニクス、自動車分野での強みを生かす方針。

bottom of page