top of page

HAKOVO、中国発インドネシア向の到着前輸入申告を可能に HAKOVO enables import declaration from China to Indonesia before arriv


シンガポールの港湾運営会社、PSAから支援を受けるベンチャー企業HAKOVOは独自のデジタル通関ソリューション「SMART CLEAR」によってインドネシアで輸入通関のデジタル化に取り組んでいる。同サービスをインドネシア税関システムと接続し、中国発貨物の輸入通関電子化を実現した。中国税関での輸出許可後、翌営業日にはインドネシア側で輸入通関データを電子申告できる。同国では港湾の貨物滞留が社会問題となっており、税関業務の効率化を図る。HAKOVOは同サービスを通じて将来的にアセアンにおける輸入通関電子化を目指し事業展開を進めるという。

HAKOVO, a venture company that receives support from PSA, a port operator in Singapore, is working to digitize import customs clearance in Indonesia using its own digital customs clearance solution “SMART CLEAR”. The service was connected to the Indonesian customs system to realize electronic customs clearance for cargo originating in China. Import clearance data can be electronically filed on the Indonesian side on the next business day after export permission from China Customs. In the country, cargo retention in ports has become a social problem, and the efficiency of customs operations will be improved. HAKOVO said that it will promote business development in the future with the aim of digitizing import customs clearance in ASEAN through this service.


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

アフリカ航空貨物市場の回復:Eコマースと戦略的投資が牽引

アフリカの航空貨物市場は近年困難な状況に直面していたが、現在は改善の兆しが見えてきている。IATAによると、昨年アフリカの航空会社は貨物需要が前年比で1.8%減少したが、ヨーロッパのインフレとドル高が消費支出を抑制したことが原因であり、今年の最初の3か月では需要が16.8%増加した。ナイロビに拠点を置くアストラル・アビエーションのサンジーブ・ガディア氏は、Eコマースが回復の主な要因であり、南アフリ

24年4月フォワーダーランキング

2024年4月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,395㌧(前年同月比+1.3%)、2位は 近鉄エクスプレスで9,908㌧(-6.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,409㌧(+17.5%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,525㌧ (+2.9%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,792㌧(-15.4%)だった。2023年

bottom of page