top of page

日本発着国際貨物量、3年ぶりに前年割れ  International cargo volume to / from Japan is below the previous year for the f


国土交通省が発表した「空港管理状況調書」によると、2018年度の日本の全空港発着の国際航空貨物取扱量は393万4776㌧(前年度比-4.7%)と3年ぶりの前年割れとなった。米中貿易摩擦の影響を受け、2018年度後半から全国的に取り扱いが減少。特に日本発の輸出貨物の減少が目立った。空港別だと日本貨物航空(NCA/KZ)の運航停止の影響を受けた成田や台風による浸水被害を受けた関空が減少。中部は関空の代替需要を担い、取扱量を増やした。羽田は国際線の増枠で大幅増加していたが、成長鈍化。

According to the `` Airport Management Status Record '' released by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, the volume of international air cargo handled at all airports in Japan in fiscal 2018 was 3,934,766 (-4.7% compared to the previous year), the first decrease in three years. became. Under the influence of the US-China trade friction, handling decreased nationwide from the second half of FY2018. In particular, the decline in export cargo originating in Japan was conspicuous. By airport, the number of Kansai air damaged by Narita and typhoons affected by the suspension of Nippon Cargo Airlines (NCA / KZ) operations decreased. Chubu was responsible for Kansai's alternative demand and increased its handling volume. Haneda has increased significantly due to the expansion of international flights, but growth has slowed.


閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

アフリカ航空貨物市場の回復:Eコマースと戦略的投資が牽引

アフリカの航空貨物市場は近年困難な状況に直面していたが、現在は改善の兆しが見えてきている。IATAによると、昨年アフリカの航空会社は貨物需要が前年比で1.8%減少したが、ヨーロッパのインフレとドル高が消費支出を抑制したことが原因であり、今年の最初の3か月では需要が16.8%増加した。ナイロビに拠点を置くアストラル・アビエーションのサンジーブ・ガディア氏は、Eコマースが回復の主な要因であり、南アフリ

24年4月フォワーダーランキング

2024年4月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,395㌧(前年同月比+1.3%)、2位は 近鉄エクスプレスで9,908㌧(-6.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,409㌧(+17.5%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,525㌧ (+2.9%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,792㌧(-15.4%)だった。2023年

香港からの航空貨物サービス料金、昨年を上回る需要増

香港からヨーロッパと北米への航空貨物サービス料金は昨年を上回り、需要が急増している。4月の香港から北米への平均料金は1kg当たりUSD5.54で、前年比6.5%増。ヨーロッパへの料金も1kg当たりUSD4.47と前年比12%増加し、2022年7月以来の初めての同時増加となった。需要の急増はファッションや消費財の電子商取引に起因するという。中国南部などでの電子商取引や電子タバコ産業の拡大により、航空

bottom of page