top of page

ラオスータイ間の鉄道による越境貨物輸送開始  Transboundary freight transport by rail between Laos and Thailand started


8月1日、ラオスとタイ間の鉄道による初めての越境貨物輸送が開始された。タイのレムチャバン港からタイ・ラオス国境のノンカイ駅を経由し、ラオスのビエンチャンにあるタナレーン駅に到達する。初回の貨物はラオス国内工場で使用するビール醸造用のモルト(麦芽)10コンテナだった。 ラオスとタイ間の鉄道を利用した貨物輸送は同国間の鉄道開通してから10年を要した。 貨物輸送はこれまでの客車に貨車を接続した混成列車で運行する。コンテナは20フィート、40フィートの取り扱いを可能としている。現行は1日2往復で、タイ発が7時半と14時45分、ラオス発が10時と17時半で運行される。

On August 1, the first cross-border freight transport by rail between Laos and Thailand began. From Laem Chabang Port in Thailand via Nong Khai Station on the Thai-Laos border, you will reach Thanaleng Station in Vientiane, Laos. The first freight was a 10 malt container for brewing at a Lao domestic factory. The freight transportation between Laos and Thailand using the railway took 10 years after the opening of the railway between the two countries. Cargo transportation is operated by a hybrid train that connects a freight car to a conventional passenger car. The container can handle 20 feet or 40 feet. Currently, there are two round trips a day, from Thailand at 7:30 and 14:45, and from Laos at 10:00 and 17:30.


閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

住友商事、電場技術を活用した冷蔵海上輸送に革新:鮮度長期維持の可能性

住友商事はOOCLと、長期間の鮮度維持を可能とした冷蔵海上輸送をする業務提携契約を結んだ。これには電場技術が用いられ、高電圧によって微弱な電場を食品に与えることで、氷点下での食品の非凍結温度を低減させられる。住友商事は、一部出資した群馬県高崎市の企業が電場コンテナを開発したのを機に、電場コンテナを調達する仕組みを確立。また、真空度の高い梱包を食品に施すなどして鮮度保持効果を上げる輸送方法について特

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

bottom of page