MSCとCMA CGM、ブロックチェーン貿易プラットフォームに参加 MSC, CMA CGM to board shipping blockchain platform


MSC(スイス)とCMA CGM(フランス)は、ブロックチェーン貿易プラットフォーム「トレードレンズ(TradeLens)」に参加した。トレードレンズはIBMと物流大手のマースクが開発した国際貿易プラットフォーム。モノのインターネット(IoT)と感覚データを統合して、コンテナを追跡が可能で、温度調整やコンテナ重量などさまざまな数値も追跡できる。貨物船業者や港湾関係企業、税関、銀行、物流会社などの企業や組織が約100社参加している。MSCは業界第2位で、CMA CGMは第4位。これら大手の参加により、全世界の海上貨物の50%近くが分散型台帳技術(DLT)を活用して追跡されるようになるという。

MSC (Switzerland) and CMA CGM (France) have joined the blockchain trading platform "TradeLens". Trade lens is an international trading platform developed by IBM and logistics giant Marsk. By integrating sensory data with the Internet of Things (IoT), containers can be tracked, and various values such as temperature control and container weight can be tracked. About 100 companies and organizations such as cargo carriers, port companies, customs, banks and logistics companies are participating. MSC is second in the industry and CMA CGM is fourth. With the participation of these majors, nearly 50% of the world's ocean freight will be tracked using distributed ledger technology (DLT).


閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

欧州を中心に航空貨物輸送を展開しているASL航空ベルギー(TAY/3V)は、10月1日より成田ーリエージュ(ベルギー)の貨物便運航を始めた。両都市を結ぶ路線は初めてで、機材はボーイング747-400。成田発は水・土曜、リエージュ発は火・金曜の週2便を、当面の間はカザフスタンのヌルスルタンかアルマトイを経由して運航する。同社が持つリエージュ国際空港から欧州各国への豊富なネットワークを活用し、日本・欧