航空貨物、GW控え情報共有 Air cargo industry prepare for the Golden week


今月末からのゴールデンウイークを控え、航空貨物業界でも事前対応の動きが本格化している。今年のGWは10連休となることから、例年よりもGW前後の搬出入の集中や滞貨が激化し、貨物地区が混乱することも懸念される。成田など主要空港の貨物上屋の多くは通常通りの営業体制で、貨物量に応じた人手をそろえて休暇中の貨物の出入りに備える構え。ただ、上屋会社やフォワーダーも荷量の見通しが固まっておらず、GW中の人員配置などが決められない会社もある。航空会社や上屋はフォワーダーに、さらにフォワーダーは荷主に対して、早期の出荷情報の共有を呼び掛けている。

With the Golden Week coming from the end of this month, there has been a proactive response in the air cargo industry.

Since the GW of this year is 10 consecutive holidays, before and after the GW in the cargo area, it is feared that the concentration of loading and unloading, and intensification of backlog may be more than usual. Many of the cargo docks at major airports, such as Narita, operate normally. They will prepare for staff depending on the amount of cargo coming in and going out. However, the cargo companies and forwarders have not yet forecasted cargo volume, this make some companies difficult to decide on staffing. Airlines and warehouses are asking forwarders for sharing shipping information from shippers earlier during the holidays.


閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

米デカルト・データマインは9月のアジア発米国向(往航)及び、8月の米国発アジア向(復航)コンテナ輸送量実績を発表した。それによると、9月のアジア主要10か国・地域発米国向は1,546,488TEU(前年同月比-13.6%)で、8月の米国発アジア主要10か国・地域向の8月分は、45万4985TEU(-2.0%)だった。アジア発においては最大の中国が131,181TEU(-21.0%)と、2020年5

IATAは、8月に6ヶ月連続の航空貨物輸送需要減少にもかかわらず、航空貨物市場は安定していると発表した。8月の8.3%減少し、7月に記録した9.7%の減少からわずかに改善された。スペース供給は6.3%増加し、平均貨物積載率は46.7%(前年同期比-7.5%)。IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長によると「航空貨物は引き続き回復力を示している。貨物量は、2021年の反動減や、経済の不確実性、ウクラ

アジア発の主要路線における航空貨物運賃は、ピークシーズンに向かっているにもかかわらず、9月も引き続き弱含みで推移している。バルチック取引所航空貨物指数(BAI)によると、9月の香港発北米向け運賃はUSD7.94/kg(前年同月比-18.5%)、8月のUSD8.33/kgを下回る結果となった。この下落は、新型コロナ規制の緩和により香港で旅客機のベリースペースの供給が回復していることと、航空貨物の見通