関西国際空港、貨物再開状況④


台風21号の影響により関西国際空港の航空貨物インフラ停止に伴い、航空各社は関空を出入りする旅客や貨物を成田、中部、福岡など他空港でさばこうと、関空発着の旅客・貨物便を成田に振り替えているほか、各空港で臨時便を出すなどしている。

日本航空(JAL/JL)は5日から成田発着で旅客便の臨時便の運航を開始。9月6~7日は台北、ホノルル、ロサンゼルス、バンコク、上海で1日1~2往復ずつ運航した。8~11日は台北以外の上記4路線でやはり1日1~2往復を運航。全便で貨物も受託し、以遠輸送で北米へとつなぐホノルル線も含め、需要は旺盛だった。

また、全日本空輸(ANA/NH)は、関空発着の貨物便を成田に変更すべく動いている。同社の貨物便は成田から関空を経由し、中国の上海や天津、大連へと繋ぐ運航をしていたため、関空の機能停止でこれら中国線の欠航を余儀なくされていた。9月8日以降は中国当局の認可を得て発着地を成田に変更して運航している。関空→北九州→沖縄線も、発地を関空から成田に変更して運航を継続している。


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、