top of page

関西国際空港、貨物再開状況①


台風21号の被害を受けた関西国際空港で8日、4日ぶりに国際線の運航が再開された。格安航空会社のピーチ・アビエーションと全日本空輸の合計14便が発着する。同日はFedExの国際貨物便も運航する予定だが、被害の大きい空港設備もあり、他の航空会社が貨物を受託するまでは時間がかかりそう。

FedExは関空が日本のハブ空港となっており、自社で貨物上屋を運用している。貨物上屋は被害はそこまで大きくなかったとのことで、他の航空会社の貨物便に比べていち早く再開が出来た。

関空にはFedEx以外にも、全日本空輸NHや大韓航空KE、キャセイパシフィック航空CX、チャイナエアラインCI、などが貨物専用機を定期便として就航させている。これらの航空会社は関空で共同上屋を利用しているが、多くの上屋が冠水しており、大きな被害がでている。中には上屋内で水没した貨物もあるとのことで、各社が貨物の特定を急いでいる。また、上屋だでなく、貨物を飛行機に搭載するリフトや、貨物をけん引するドーリーなども海水をかぶっており、真水で洗浄した上で、使用が可能か確認している。全日本空輸グループのANA Cargo は自社のHPで、来週いっぱい16日までの関空発着貨物機の運休を発表している。

もう一つの懸念事項は連絡橋だ。現在、旅客は専用のシャトルバスを利用して輸送しているが、一般の車両は通行できない。貨物地区のIDを持っている従業員は通行できるものの、貨物を積載したトラックが通行できる目途はたっていない。

大手フォワーダーによると、連絡橋の修復も含めて、完全復旧には1ヵ月以上かかるのでは、とのこと。また、大手荷主はすでに福岡や名古屋、成田空港に貨物の移動を開始している。今後、各空港での混雑が懸念される。


閲覧数:63回

最新記事

すべて表示

IATAが2024年の貨物収益と取扱量の予測を上方修正

IATAは、需要と運賃が予想以上に好調であることを受けて、2024年の航空貨物収益予測を引き上げた。貨物収益は1110億ドルから1200億ドルに上方修正され、貨物取扱量は4.5%から5%の成長が見込まれる。2024年4月末までの年初来実績では、重量が12.7%増加したことをうけ、IATAは、貨物収益率の減少予測を20.9%から17.5%に修正した。この上方修正は、電子商取引の需要増加と紅海危機によ

アフリカ航空貨物市場の回復:Eコマースと戦略的投資が牽引

アフリカの航空貨物市場は近年困難な状況に直面していたが、現在は改善の兆しが見えてきている。IATAによると、昨年アフリカの航空会社は貨物需要が前年比で1.8%減少したが、ヨーロッパのインフレとドル高が消費支出を抑制したことが原因であり、今年の最初の3か月では需要が16.8%増加した。ナイロビに拠点を置くアストラル・アビエーションのサンジーブ・ガディア氏は、Eコマースが回復の主な要因であり、南アフリ

24年4月フォワーダーランキング

2024年4月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,395㌧(前年同月比+1.3%)、2位は 近鉄エクスプレスで9,908㌧(-6.2%)、3位は 郵船ロジスティクスで9,409㌧(+17.5%) 、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,525㌧ (+2.9%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,792㌧(-15.4%)だった。2023年

bottom of page