2017年フォワーダーランク発表


物流市場調査やコンサルティングを行うアームストロング&アソシエイツ(アメリカ)が、2017年のグローバルフォワーダー・ランキングを発表した。各社からの発表・報告や同社の推測による売上高と物量を組み合わせた平均を基準に25位までのランク付けがなされた。上位3位はDHL(ドイツ)、キューネ・アンド・ナーゲル(スイス)、DBシェンカー(ドイツ)。世界的に国際輸送需要が伸びたとこで取り扱いを拡大した企業が多いが、2016年から2017年にかけて大幅な順位変動はなかった。日系では日通が7位、近鉄エクスプレスが14位、郵船ロジスティクスが18位、日立物流が20位、にしてつが25位にランク入りした。


閲覧数:1,735回

最新記事

すべて表示

近鉄エクスプレス(KWE)は、同社が保有するインド・Gati-Kintetsu Express(GKE)の全株式を、合弁相手であるAllcargo Logistics(AGL) に譲渡する。近鉄エクスプレスは、GKEを介してAGLと合弁でインドでの国内物流ビジネスを獲得し、コア事業であるフォワーディング事業の拡大を目指してきたが、今後の市場動向や事業環境等を慎重に検討し、合弁先と協議を重ねた結果、