top of page

日本郵船、連結業績予想を下方修正


日本郵船は7月25日、2019年3月通期連結業績予想の大幅な下方修正を発表した。売上高は1兆7600億円(前回予想:1兆8050億円)、営業利益は20億円(同370億円)、経常利益は100億円(同400億円)、当期純利益120億円(同290億円)。上期の経常損益を前回は145億円の黒字と予想していたが、50億円の赤字へと転落する見通しだ。コンテナ船事業統合に伴う一時費用が想定以上に生じていることに加え、連結子会社の日本貨物航空(NCA/KZ)の不適切整備問題にかかる運航停止が下方修正の要因だという。日本郵船はNCAの通期事業計画の前提見直しを不可避だとしている。


閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

MSC(スイス)とA.P.モラー・マースク(デンマーク)の2社は、コンテナ船を共同運航するアライアンス「2M」について、2025年1月に契約を終了することで互いに合意した。提携解消に関する理由や原因は言及されていない。両社は共同声明を発表し「2015年に契約を締結して以来、多くの変化があった。提携を中止することで、独自の戦略を追求する道は開かれる」と説明。10年にわたる提携関係を前向きに捉えた上で

ANAホールディングス(ANA/NH)は、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。貨物事業の収入は国際線が1835億円(前年同期比+32.6%)と、第2四半期としては過去最高となった。新型コロナウイルス禍が始まってから続く高水準の航空貨物運賃を維持できたことが大きな要因。全体の業績は第2四半期としては3年ぶりに黒字を回復した。

国際貨物航空会社の米UPSは、成田ー米アンカレッジ間の貨物航空機をアップデートした。従来のB767-300に替わりB747-400とB747-8の2機を使用。B747-8の最大積載量は140㌧で、従来の2倍以上となる。日本法人ユーピーエス・ジャパンの西原哲夫社長は「これまで北関東のサービス強化や東京の新木場集配センターの拡張・刷新など東日本での機能を強化してきた。輸送能力を増強したことで東日本でよ

bottom of page