top of page

大手フォワーダー5社、6月の航空輸出混載重量も好調


6月の大手フォワーダー5社(日本通運、近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス、阪急阪神エクスプレス、西日本鉄道国際物流事業本部)の日本発航空輸出混載重量の合計は6万8200 ㌧と前年同月から1万2000㌧増加した。日本発全体の輸出重量に占める5社の合計シェアは約6割で推移しているが、全体の輸出重量が3カ月連続で10万トンを上回った。特に日通が3割、阪急阪神が2割の増加で両社とも3月に記録した過去最高に次ぐ実績だった。仕向け地別だとアメリカ向けに自動車関連に需要が強く、5社全社において増加した。


閲覧数:1,162回

最新記事

すべて表示

郵船ロジスティクスは、ベルギーでヘルスケア物流サービスを手掛ける3社を買収した。3社はGroup Pierre傘下のAjimex、Transport Pierre、Pierre Logisticsで、いずれもヘルスケア物流を強みとした事業を展開する。Ajimex、Transport Pierreは医療、医薬品の輸送品質基準であるGDP認証を取得しており、グローバルで温度管理された出荷管理、輸送を専

bottom of page