top of page

カタールとの国交断絶の波紋


中東6カ国がカタールと国交断絶を発表したことで、航空・海運業界にも影響が及んでいる。 該当6カ国のうちUAE、バーレーン、サウジアラビア、エジプトの主要航空会社では、カタール発着便の運航を取りやめ、貨物受託を停止した。これまでに運航の中止を発表しているのは、エミレーツ航空、エティハド航空、エア・アラビア、フライドバイ、バーレーンのガルフ航空、サウジアラビア航空。 一方のカタール航空も4カ国向けの旅客便、貨物便を全面休止した。日本初ドーハ経由4カ国向けの輸送途中の貨物は、ドーハで留め置かれている状況である。該当4カ国向け以外の中東便は通常通り運航している。

海運では、バーレーン、サウジアラビア、UAEがカタールからの船舶の入港を禁止する措置を打ち出し、他の中東諸国も同様の措置をとる見方が強い。これによって、コンテナ船、タンカー、自動車船などの配船を見合わせる可能性が高く、既に船社はカタール向けの新規ブッキングの受け付けを停止している。 「カタール-断交国」の物流が動かなくなることで、「カタール‐非断交国」へのシフトが予想されている。中東キャリアで部品補給を受けていた日系メーカーが、欧州経由の輸送を検討する動きが既にみられている。また、カタール発着便が限定されることで航空運賃が高騰し、間接的にその他の路線にも影響が及ぶ可能性も指摘されている。


閲覧数:100回

最新記事

すべて表示

24年1月フォワーダーランキング

2024年1月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で13,890㌧(前年同月比+4.7%)、2位は郵船ロジスティクスで9,591㌧(+32.6%) 、3位は近鉄エクスプレスで8,729㌧(-14.5%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,057㌧ (-2.7%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,556㌧(-17.2%)だった。

スエズ運河経由貨物が激減、フーシ派攻撃で紅海回避の動き

国連貿易開発会議(UNCTAD)は、2023年12月初めからの2カ月間において、スエズ運河を通航する貨物船が39%減少し、貨物トンベースで45%の減少があったと発表した。この急激な減少の背景には、イエメンの親イラン武装組織フーシ派による紅海を航行する商船への攻撃があり、海運会社が安全確保のために迂回ルートを選択したことが挙げられる。特にコンテナ輸送は過去2ヶ月間で-82%の大幅減少している。既にロ

23年11月フォワーダーランキング

2023年11月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で16,753㌧(前年同月比-11.2%)、2位は郵船ロジスティクスで10,722㌧(+10.0%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,422㌧(-13.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,309㌧ (-19.5%)、5位は阪急阪神エクスプレスで2,957㌧(-33.0%)だった。前

bottom of page