top of page

海外コンテナ船社 2016年業績 輸送量が増加も収益は悪化


海外主要コンテナ船社の2016年業績が発表された。各社の輸送量は増加したが、運賃急落のため損益は大きく悪化し、最終段階で黒字を確保したのはワンハイラインズのみ。 コンテナ1本当たりの平均運賃が10数%下落したことにより、コンテナ1本当たりの収支が悪化。各社は損失を最小化すべく集荷を進めた結果、コンテナ輸送量は伸びたものの、黒字化できず大幅な収益の悪化となった。 ただ、2016年の市況の年間推移をみると、上期を底に下期から回復傾向がみられ、各社の業績も改善傾向が出ている。回復基調は2017年に入っても続いており、今年は各社ともどこまで収支を回復させることができるかが焦点となっている。北米サービス・コントラクト(SC)更改交渉の行方や、繁忙期の荷動き、運賃価格推移が各社の業績を左右しそうだ。


閲覧数:84回

最新記事

すべて表示

ヤマトHD、東南アジアからヨーロッパへの国際複合一貫輸送サービスを開始

ヤマトホールディングスは、東南アジアからヨーロッパまでのトラックと鉄道による国際複合一貫輸送サービスを開始する。物量に応じてコンテナ貸し切りまたは混載で輸送し、喜望峰ルートより短期間での輸送が可能。低コストかつ低温室効果ガス(GHG)排出が特長で、エレクトロニクスや自動車部品の主要生産拠点である東南アジアからの需要に応える。これにより、海上輸送や航空輸送に次ぐ新たな輸送手段として、グローバルサプラ

香港からの航空貨物サービス料金、昨年を上回る需要増

香港からヨーロッパと北米への航空貨物サービス料金は昨年を上回り、需要が急増している。4月の香港から北米への平均料金は1kg当たりUSD5.54で、前年比6.5%増。ヨーロッパへの料金も1kg当たりUSD4.47と前年比12%増加し、2022年7月以来の初めての同時増加となった。需要の急増はファッションや消費財の電子商取引に起因するという。中国南部などでの電子商取引や電子タバコ産業の拡大により、航空

24年3月フォワーダーランキング

2024年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,733㌧(前年同月比-3.6%)、2位は郵船ロジスティクスで11,016㌧(+18.2%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,567㌧(-15.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,696㌧ (-0.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,064㌧(-17.0%)だった。

bottom of page