top of page

欧州発海上貨物の混雑(エルベ川水位低下)


現在欧州発海上貨物に関して、各船会社でオーバーブッキングが発生し、3月末船までの新規ブッキングを停止している状況にある。

韓進海運の経営破綻以降、マーケット全体の船腹量が減っており、2016年1月比で約5.5%減少している。加えて、欧州発日本向けの荷量が好調で、2016年11月単月比では前年比4.3%増加となっており、スペースが逼迫している。

それに拍車をかけているのが、エルベ川の水位低下だ。エルベ川の水位低下は、主に霧、風、氷雪をはじめとする季節要因により発生しており、例年2、3月までは継続する。今年は特に影響が甚大で、毎週コンテナにして200FEU前後のブッキングカットが行われている。

直近のSCFI(上海発海上コンテナ運賃の指標)をみると運賃には反映されていないようだが、大手フォワーダーによると過去10年で一番混雑しているとのことだ。


閲覧数:561回

最新記事

すべて表示

ヤマトHD、東南アジアからヨーロッパへの国際複合一貫輸送サービスを開始

ヤマトホールディングスは、東南アジアからヨーロッパまでのトラックと鉄道による国際複合一貫輸送サービスを開始する。物量に応じてコンテナ貸し切りまたは混載で輸送し、喜望峰ルートより短期間での輸送が可能。低コストかつ低温室効果ガス(GHG)排出が特長で、エレクトロニクスや自動車部品の主要生産拠点である東南アジアからの需要に応える。これにより、海上輸送や航空輸送に次ぐ新たな輸送手段として、グローバルサプラ

香港からの航空貨物サービス料金、昨年を上回る需要増

香港からヨーロッパと北米への航空貨物サービス料金は昨年を上回り、需要が急増している。4月の香港から北米への平均料金は1kg当たりUSD5.54で、前年比6.5%増。ヨーロッパへの料金も1kg当たりUSD4.47と前年比12%増加し、2022年7月以来の初めての同時増加となった。需要の急増はファッションや消費財の電子商取引に起因するという。中国南部などでの電子商取引や電子タバコ産業の拡大により、航空

24年3月フォワーダーランキング

2024年3月の日本発国際航空貨物取扱量フォワーダーランキングが明らかになった。1位は日本通運で17,733㌧(前年同月比-3.6%)、2位は郵船ロジスティクスで11,016㌧(+18.2%) 、3位は近鉄エクスプレスで10,567㌧(-15.0%)、4位は西日本鉄道国際物流事業本部(にしてつ)で3,696㌧ (-0.2%)、5位は阪急阪神エクスプレスで3,064㌧(-17.0%)だった。

bottom of page