top of page

中国、戦争保険の負担で中国―欧州鉄道「中欧班列」に支援

中国政府は、中国-ロシア・欧州のクロスボーダー貨物鉄道輸送「中欧班列(CRExpress)」の支援を始める。荷主の費用となる戦闘で被害を受けた際に補償を受けられる戦争保険について、地方政府傘下の運営会社が負担するというもの。 一部で運賃を約2割値下げする動きがあるという。 戦争保険は義務ではないものの、運営会社は荷主の負担や心配を軽減することで中欧班列の利用促進を狙う。中欧班列のルートにはウクライナを経由して中国とハンガリーを結ぶものがあるが、激しい戦闘が続く地域を迂回するルートへと変更した。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

3月も世界の航空貨物市場の成長は持続的

2024年3月、世界の航空貨物需要は前年同月比11%増加し、これで3ヶ月連続の増加となった。この成長を牽引したのは、電子商取引と紅海航路の混乱という要因でした。最新の分析結果を発表したXenetaによると、2024年第1四半期の高い需要は、8%増加した貨物船舶のキャパシティ成長を上回ったという。

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

航空貨物運賃の低下傾向続くも、紅海攻撃が影響

2024年2月欧米とアジアを結ぶ主要路線での航空貨物料金が、昨年比で引き続き低下している。バルティック取引所航空貨物指数(BAI)によると、香港から北米への料金はUSD4.66/kgと、昨年同月比で5.5%減少した。これは、1月のUSD5.22ドルからの低下。この減少は旧正月が昨年1月から今年は2月にずれたことによるもの。しかし、料金は2023年の水準を下回り続け、下落基調は18か月連続。ただ、減

Comments


bottom of page