top of page

ルフトハンザ、持続可能性とデジタル化に注力

ルフトハンザ カーゴ(DLH/LH)は航空貨物分野の未来を担うと考えられる持続可能性、デジタル化、電子商取引の3つの焦点に関してプロジェクトを発表した。同社の最高経営責任者(CEO)であるアシュウィン・バット氏は、これらの課題への取り組みが同社の業界における地位を保つ上で不可欠な動きであると強調している。同社はフランクフルトのハブ空港において、eコマースの機能を強化する取り組みを展開している。これにより、急増するeコマース需要にスムーズに対応できる体制を整えるとともに、ソフトウェアの開発や短・中距離貨物機への投資を実施している。さらに、キューネ・アンド・ナーゲル(K+N)との連携により、「ペーパーレス通路 (paperless corridors)」と呼ばれる新たなアプローチを導入している。これにより、貨物書類作成のプロセスが効率化され、業務の迅速化と環境への負荷低減が実現される見通し。環境への配慮も同社の重要な取り組みの一環であり、カーボンフットプリントの削減に向けた目標を掲げている。具体的には、2050年までに2019年比で50%の削減を目指しており、この目標に向けた取り組みとして、ReFuelEUなどのイニシアティブを推進している。既に2%の再生可能燃料の使用を達成するなど、実質的な成果を挙げている。最後に、デジタル化と人工知能(AI)の導入が、環境改善の一翼を担っていることも不可欠なポイントである。これにより、効率的な運航と環境への配慮が両立され、航空貨物分野における新たな未来への道が開かれるという。

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

DHLと大韓航空、直接予約システムを統合

DHLグローバルフォワーディングは、大韓航空(KAL/KE)の予約システムとの統合により、航空パートナーシップを強化した。この統合により、DHLは大韓航空のシステム「カーゴワイズ」から直接予約を行うことができ、業務効率が向上するという。カーゴワイズでは、リアルタイムのデータ交換ができるため、フライトスケジュールや航空貨物料金へのアクセスが容易になる。この統合は、大韓航空にとって初めての貨物フォワー

住友商事、電場技術を活用した冷蔵海上輸送に革新:鮮度長期維持の可能性

住友商事はOOCLと、長期間の鮮度維持を可能とした冷蔵海上輸送をする業務提携契約を結んだ。これには電場技術が用いられ、高電圧によって微弱な電場を食品に与えることで、氷点下での食品の非凍結温度を低減させられる。住友商事は、一部出資した群馬県高崎市の企業が電場コンテナを開発したのを機に、電場コンテナを調達する仕組みを確立。また、真空度の高い梱包を食品に施すなどして鮮度保持効果を上げる輸送方法について特

CMA CGM、アジア発コンテナ運賃倍に引き上げ

CMA CGMは1月15日以降、アジア発地中海地域向けのコンテナ1個当たり単一運賃を1.5倍~2倍に引き上げる。背景には、イエメンの武装組織フーシ派による紅海商船攻撃でのスエズ運河回避の必要性がある。アジアからアドリア海の単一運賃は1月1〜14日までは20フィートコンテナでUSD2050、40フィートコンテナ(リーファーコンテナ含む)でUSD3100だったが、15日以降はそれぞれUSD3550、U

Comments


bottom of page